直感:その起源からそれを研ぎ澄ます方法まで•

いくつかのオプションの1つを選択し、考えずにすぐに選択しなければならない状況になったことはありますか?その時、あなたは直感と感情に頼っているかもしれません。はい、直感はいつでもどこでも意思決定に関連するアイデアを与えることができるものです。誰もが自分の直感を持っていますが、誰もがそれを信じているわけではありません。では、直感とは正確にはどういう意味ですか?次の説明をチェックして、さあ!

直感とは何ですか?

あなたは直感が魔法や迷信と関係があると思ったかもしれません。実際、直観は明確な考慮なしにあなたの意識に現れる知識の一形態です。

直感は潜在意識から形成された予感です。その時、潜在意識は知識と過去の経験を1つまたは複数のアイデアにすばやくフィルターします。

次に、アイデアまたはアイデアは、最初に分析または長い思考プロセスを実行せずに決定を下す際の簡単な考慮事項になります。

誰もがその外観を信じているわけではなく、まれにそれを無視することさえありません。実際、多くの場合、これらの突然のアイデアやアイデアは、正しい決定を下すのに役立ちます。

これに関連する問題は古くからかなり頻繁に議論されてきましたが、研究者が直感がどこから来て、それがどのように形成されるかを学んだのはごく最近のことです。

直感は実際にどこから来るのですか?

脳には、意識システムと無意識システム(潜在意識)の2種類の思考システムがあります。人間の意識システムを調節する脳の部分は左脳であり、よりゆっくりと働きます。

さて、このシステムはあなたの分析の中心になり、あなたが合理的に考え、起こった事実と経験に基づいて働くのを助けます。あなたはこのシステムが行うすべてを意識的に知っています。

一方、潜在意識または無意識のシステムを調節する右脳。名前が示すように、このシステムはあなたの知らないうちに動作し、速い応答を生み出すことができます。

では、このアイデアやアイデアはどうですか?潜在意識システムは、直感を調整するシステムです。実際、このアイデアは、あなたが以前に経験した、または知っている情報や経験からも生まれています。

しかし、情報はあなたの潜在意識にあります。ですから、直感が生じたとき、それはあなたの潜在意識から形成される決定です。

潜在意識が比較的速くどのように機能するかを考えると、発生したすべてのイベントを注意深く考えて分析する必要がなく、直感が現れます。または突然どこからともなく現れます。

直感を信じても大丈夫ですか?

もちろん、あなたはこの突然のアイデアを信じることができます。残念ながら、自分の直感を過小評価している人はまだたくさんいます。実際、多くの研究は、直感が正しい決定を下すのに役立つことを示しています。

さて、あなたはこのインスタントアイデアまたはアイデアを磨くことができます。はい、直感はそれが絶えず研ぎ澄まされればより鋭くなる能力です。専門家によると、これらのアイデアは、時間の経過とともに、使用頻度に応じて、より良い方向に変化します。

あなたの直感を考慮する価値がある理由の1つは、何が最善かを「知っている」ことが多いということです。意識した状態で理解・分析できなくても。

専門家は、あなたの潜在意識のシステムは、意識のあるシステムが知る前に、正しい答えをすでに知っているとさえ述べています。

したがって、難しい選択の合間に生じるアイデアやアイデアを過小評価しないでください。時々、直感は長い分析の代わりに何を選ぶべきかを知っています。

直感を磨く方法は?

基本的に、すべての個人はこのインスタントアイデアで生まれます。ただし、時間の経過とともに、ある人の直感が別の人の直感よりも鋭くなる場合があります。さて、このインスタントアイデアをよりシャープにするために、あなたはそれを磨くことができます。

ミネソタ大学の「健康と福祉の管理」ページによると、直感を磨くには2つの方法があります。 目的 (意図)と 注意 (注意)。

1.で研ぐ 目的

知らないうちに、おそらくこの間ずっと、あなたは常に現れたアイデアやインスタントアイデアを拒否します。だから、持っていないということではなく、使いたくないということです。

さて、このアイデアやアイデアを磨きたいのであれば、出てくるすべての直感を受け入れて信じるようにしてください。直感を使用する能力を向上させ続けるという意図から始めます。

そして、このアイデアが浮かんだら、前向きな考え方を持ってみてください。あなたが決定を下したいときは、その直感を信頼するようにしてください。

覚えておく必要があることの1つは、直感は自然なプロセスです。したがって、最初はまだこのアイデアを認識するのは難しいかもしれませんが、使用するほど、その出現に慣れることができます。

2.で研ぐ 注意

直感とは、見落としているかもしれない1つまたは複数のアイデアです。それが、このアイデアがあなたの心の中で孤立しているように見える理由です。実際、その出現に気付くことができれば、意思決定プロセス中にそれを使用することができます。

これらの新たな直感を認識して組み込むためのいくつかの方法を次に示します。

特別な日記を書く

夢、感覚、または即座に生じる思考からかどうかにかかわらず、直感が生じると感じるときはいつでも書いてください。これはあなたが実現するのに役立ちます:

  • あなたはいつ彼の存在にしばしば気づきますか。
  • 正確さの程度、またはあなたのアイデアやインスタントアイデアの正確さ。
  • 即座に発生する1つまたは複数のアイデアにどれだけ迅速に対応するかが重要です。

それでもこのジャーナルを始めるのに問題がある場合は、毎日学んだことを書き留めてみてください。次に、その日にどんなアイデアやアイデアがありましたか?

無意味に聞こえても、頭に浮かんだ答えを書き留めてください。 1か月間毎日正常に書き留めた後、特別ジャーナルで自分の書いたものを読み直してみてください。

自然から学ぶ

直感を磨くもう1つの方法は、周囲にもっと注意を払うことです。自然から学ぶことです。通常、自然の中で外出しているときは、落ち着いた気持ちでもっと集中することができます。

はい、自然界にいることの効果は、瞑想しているときと大差ありません。たとえば、次のようなアイデアにアクセスするのに役立ちます。

  • あなたが直面している問題の解決策について自問してみてください。
  • 質問に集中してみて、しばらく忘れてください。
  • 周辺を楽しみながら公園を散歩。
  • 休む時間が必要なときは、少し立ち止まってから、岩、小枝、葉など、周りにあるものを拾います。
  • オブジェクトを注意深く見て、直感的に「問題の解決策を得るためにオブジェクトからどのような情報やアイデアを得ることができますか?」と尋ねます。

他の人と話し合う

あなたは一人である必要はありません、あなたはこのインスタントアイデアや他の人とのアイデアを構築することができます。このインスタントアイデアの会話を快適に行える会話パートナーを見つけてください。

次に、次のアクティビティのいくつかを試して、直感と他の人と話し合う能力を構築するのに役立ててください。

  • 直感について本を読んだり、同じ映画を見たりして、話し合ってください。
  • あなたがあなたの特別なジャーナルに書いたものを共有してください。
  • あなたの直感に関連するインスピレーションを共有してください。

最近の投稿