狂犬病ワクチン:誰がそれを必要とし、いつそれを入手するか? |

狂犬病または狂犬病としてよく知られているものは、麻痺または死さえも引き起こす可能性があります。狂犬病ウイルスは、以前にウイルスに感染したことがある動物に人が噛まれたときに感染します。最初は、狂犬病は重篤な症状を示さないかもしれません。ただし、チェックしないでおくと、感染症は死に至るリスクがあります。このウイルスの危険から解放されるために、狂犬病ワクチンに頼ることができます。次のレビューでこのワクチンに関する情報をチェックしてください。

狂犬病ワクチンが必要なのは誰ですか?

狂犬病は、リッサウイルス感染によって引き起こされる人獣共通感染症(動物由来)です。このウイルス感染は人間の神経系を攻撃し、それが脳に移動します。

最初は狂犬病がすぐに症状を引き起こすことはありませんが、症状が現れると、ほとんどの場合、病気は致命的です。

だからこそ、誰もが狂犬病予防ワクチンを接種すべきです。ただし、狂犬病ウイルスに感染するリスクが高い人は、ワクチン接種を受けることを強くお勧めします。

このウイルスに感染しやすい人々は、一般的に動物に直接関係する職業を持っています。

狂犬病ワクチンを接種する必要があるリスクのあるグループは次のとおりです。

  • 獣医、
  • 動物ブリーダー、
  • 狂犬病に感染する可能性のある動物を研究対象とする実験室労働者または研究者、および
  • 狂犬病流行地域に旅行する人々。

さらに、狂犬病に感染していることが知られている人とそうでない人の両方で、動物、特に犬、ラット、野生動物に噛まれた人もワクチン接種を受ける必要があります。

動物に咬まれた場合の取り扱いにおいて、狂犬病ワクチンは、神経衰弱や麻痺につながる可能性のある狂犬病の症状の発症を防ぐことができます。

2種類の狂犬病予防ワクチン(VAR)

インドネシア保健省からの報告によると、抗狂犬病ワクチン(VAR)には、暴露前予防(PrEP)と暴露後予防(PEP)の2種類があります。

これらのワクチンは両方とも、狂犬病に対する免疫を何年にもわたって提供することができます。

2つのワクチンの違いは投与のタイミングです。

ワクチンの1つは、ウイルス感染が発生する前の予防として使用され、もう1つは、ウイルスにさらされた後の症状の出現を予測するために使用されます。

PrEP:早期予防のためのワクチン

PrEPワクチンは、狂犬病ウイルスへの曝露または感染の前に行われる予防接種です。

このワクチンは、体の免疫が最初からウイルス感染と戦うことができるように抗体を形成するのに役立ちます。

狂犬病ウイルスへの曝露のリスクが最も高い人々のグループは、PrEPワクチンを接種する必要があります。

狂犬病を効果的に予防するために、PrEPワクチンを3回接種する必要があります。

  • 1回分 :医師との面会のスケジュールに従って与えられます。
  • 2回分:初回投与から7日後に投与。
  • 用量3:初回投与から21日または28日後に投与されます。

狂犬病ウイルスに感染するリスクが非常に高い人を含めると、このワクチンの投与量が増える可能性があります。

PEP:ウイルスに感染した後のワクチン

人が狂犬病ウイルスにさらされた直後にワクチン注射も行う必要があります。

医師は、ラット、犬、コウモリなどの動物の咬傷から傷口をきれいにした後、PEPワクチンを注射します。

これは、ウイルスがさらに広がり、神経損傷や麻痺などの狂犬病の危険な症状を引き起こすのを防ぐことを目的としています。

感染後に各人に投与される抗狂犬病ワクチンの投与回数は、患者がPrEPワクチンを接種したかどうかによって異なる場合があります。

通常、狂犬病ウイルスにさらされたことがあり、ワクチン接種を受けたことがない人は、以下の条件で4回の抗狂犬病ワクチンを接種する必要があります。

  • すぐに投与:動物に噛まれた直後、または狂犬病ウイルスにさらされた直後に投与されます。
  • 追加用量:投与直後の3日目、7日目、14日目に投与。

以前にPrEPワクチン接種を受けたことがある人には、PEP抗狂犬病ワクチンを2回接種することができます。

  • すぐに投与:狂犬病ウイルスにさらされた直後に与えられます。
  • 追加用量:投与の3日後に投与されます。

ジャーナルからの研究によると 臨床医学、狂犬病免疫グロブリン(RIG)注射も、即時投与段階で必要です。

RIGは、体内の狂犬病ウイルスを中和し、7〜10日間効果的な保護を提供することができます。

ただし、完全なPrEPワクチン(3回分のワクチン)を受けた患者は、狂犬病免疫グロブリン(RIG)注射を必要としなくなりました。

狂犬病ウイルスに感染した後でも予防接種を行うことはできますが、感染する前にワクチンで狂犬病を予防する方が効果的です。

狂犬病ワクチンによる副作用はありますか?

一般的に、狂犬病予防ワクチンの重大な副作用はありません。

ワクチンを接種した後、通常、いくつかの軽度の副作用がありますが、これらの障害は自然に治まる可能性があります。

発生する可能性のある抗狂犬病ワクチンの副作用は次のとおりです。

  • ワクチン接種された皮膚領域の痛み、腫れ、発赤、
  • 頭痛、
  • 腹痛、
  • 筋肉痛、
  • 関節痛、
  • 熱、そして
  • 皮膚のかゆみを伴う斑点。

狂犬病予防ワクチンによる深刻な副作用はまれです。

ただし、次のような、このワクチンの接種を妨げるいくつかの条件があります。

  • ワクチンの薬物含有量にアレルギーがあります。
  • HIV / AIDSまたは癌を患っている。
  • 免疫系を弱める効果のある薬を服用してください。
  • 妊娠中または授乳中です。

これが発生した場合は、狂犬病ワクチンを接種する前に、まず医師に相談する必要があります。

動物用の狂犬病ワクチンが必要ですか?

このワクチン保護は、犬や猫などの感染のリスクがあるペットにも与える必要があります。

これは、人間の狂犬病の予防にも含まれています。

ペットのワクチン接種は、動物が1回のワクチン接種で生後3か月未満のときに開始できます。

次の服用は彼が生後3ヶ月以上になったときに与えられます。その後、ワクチンをさらに1回接種します(増幅器)は毎年1回授与されます。

狂犬病予防ワクチンは、感染前の予防だけでなく、感染後の予防にも役立ちます。

狂犬病は死亡のリスクが高いなど深刻な結果をもたらす可能性があることを考えると、この感染症にかかるよりも、ワクチンを接種する方が健康にはるかに優れています。

COVID-19を一緒に戦おう!

私たちの周りのCOVID-19戦士の最新情報と物語に従ってください。今すぐコミュニティに参加してください!

‌ ‌

最近の投稿